【夫の浮気】子供の親権を取るために

【夫の浮気】子供の親権を取るために

子供の親権を取るためには、親権に関する基本的な知識を身につけておく必要があります。
そこで今回は、最低限理解しておきたい親権にまつわる知識について解説してくことにしましょう。

 

身上監護権と財産管理権

イメージ

親権には、大きく分けると2つの権利があります。身上監護権財産管理権です。
身上監護権とは、しつけや教育をはじめ子供の日常生活の面倒をみることができる権利のことを指しています。

 

一方、財産管理権とは、子供に変わって財産を管理するほか、法律上未成年に認められていない契約などの、法律的な行為を行うことができる権利のことです。

 

別々に持つことも可能ですが、多くの場合はこの両方を受け持つパターンとなることが多いでしょう。

 

また複数名子供がいる場合は、別々に親権者を決めることが可能となっています。

 

稀に早く離婚したいからといって、親権を後回しにしてしまうことがありますが、取り返しのつかないことになるケースが多いといえるでしょう。

 

ですから、離婚の話し合いと同時に親権を決定することがほとんどだと言えます。

 

あとから親権を変えることも可能ではありますが、その場合は家庭裁判所を通して許可をもらう必要が出てきます。
万が一親権を渡さないということになれば、家庭裁判所へ申し出ても簡単に親権の変更は行えないため注意が必要です。

 

親権の判断材料

また双方が譲らず親権に関する話し合いが進まない場合、家庭裁判所は何を基準に親権者を決定するのでしょうか。
いくつかの判断材料がありますが、一番優先されるのは経済力や生活の状況、子供の親権者にふさわしい態度であるかどうかというところです。

 

もちろん、子供に対して愛情があるかどうかも確認されるでしょう。
また、子供の年齢が15歳を超えている場合、家庭裁判所では本人の意思を尊重する傾向にあります。

 

とはいえ、現状としては母親が有利になるケースが多く、全体の約8割程度は母親が親権を獲得しています。

 

必ずしも父親が親権者になれないわけではありませんが、どうしても父親でなければならない理由があれば親権者として認められることもあるでしょう。