【夫の浮気】浮気の証拠として有力なものは?

【夫の浮気】浮気の証拠として有力なものは?

夫の浮気の証拠を集める場合、どういったものが有力となるのでしょうか。詳しく解説していくことにします。

 

ラブホテルに何度も出入りしていることが確認される写真や映像

まず一番有力な証拠となるのは、ラブホテルに何度も出入りしていることが確認される写真や映像です。
1回のみということでは不貞の事実と認められないことが多々ありますので、やはり複数回出入りしていることが分かる写真や映像が一番有力となります。

 

これが、シティーホテルの場合はどうしたらよいのでしょうか。この場合は、必ずしも浮気の証拠とはならないケースが多いといって良いでしょう。
仕事の打ち合わせをしていたということで、片づけられてしまう恐れがあるからです。

 

ただし、同じ部屋に二人で入る瞬間を撮影したとなれば話は変わってきます。

 

更にその後二人でホテルの部屋から出てくるところを撮影することができれば、不貞の事実を証明する証拠として使うことができるのです。
この方法は、夫に顔がばれている妻や妻の友人知人にはできない調査方法です。

 

そのため、探偵に依頼するしかないといえるでしょう。

 

手紙やメール、レシートやクレジットカードの利用明細

イメージ

その他に有力な証拠となるものとしては、手紙やメールを挙げることができます。ただし、これは内容によりますので必ずしも有力な証拠となるわけではありません。

 

例えば、ホテルに行ったことが確認できる内容であったり、肉体関係を持ったことが明らかとなる内容である場合、それは不貞の事実があったとして十分な証拠となるでしょう。

 

それから、レシートやクレジットカードの利用明細、GPSによる追跡結果に関しても、浮気の証拠として利用できることがあります。
尚、携帯のメールに関しては、多くの場合削除していることがほとんどです。

 

しかし携帯電話の契約者本人であれば、メールの内容を復元してもらうことが可能なケースが多々あります。
ただしメールの復元を行いたい携帯電話をお店に持っていく必要があるため、現実的な方法ではない場合もあるでしょう。

 

 

 

このように、浮気の証拠として有力なものは意外と数多くあることが分かります。
離婚や慰謝料の請求を考えているのであれば、早い段階から証拠を集めてしまうようにしたいものです。